2014年06月05日

ちん○ん見せろー!

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑↑参加ランキングです↑↑
クリックお願いします(^人^)

・ゲイでもいいぢゃんTwitter
https://twitter.com/gaydemo



おはようございますミ,, ´∀`ミ


にゃおと久しぶりに来た俺の実家!!


やっぱ実家っていいわー

落ち着くし、なんとなく
時間がゆっくり進んでる。



結局昨日の午後に到着して、
めちゃめちゃ疲れてたんだけど、
妹と妹の子供達と家の前でおにごっこして…


気付いたら夜でした(笑)



子供達「おにー、この人だれー?」


俺「この人にゃおだよミ,, ´∀`ミ」


子供達「にゃおー??えっ!おにーと猫どこから来たん?」


にゃお「ね、ね、ね、猫!?Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン 」


俺「ちゃうちゃう!猫みたいな名前だけど、にゃおって呼んであげてね(笑)山形から来たんだよ。」


子供達「変な名前ー(o'ー'o)」


まっ、昔はバリネコ(笑)


もー、
おにごっこして汗でベトベトw


実家に帰って来た時は
毎回にゃおと2人でお風呂に入るのが俺の楽しみ(o'∀')b


今回ももちろん2人で入ったんです。


入ってしばらくして、
お風呂のドアを叩く子供達…


子供達「おにー!!にゃおー!!」


ドンドンドンドンッ!!

ドンドンドンドンッ!!


俺「なになに!おにー達今お風呂入ってんの!ヽ(#`・ω・)ノ 」


子供達「おにー!あけてあけてー!!」


俺「なんやー!うるさい(*´・ω・`)」


うるさいからって、
仕方なくドアを開けてあげたんだけど、

でもそれが悲劇の始まりだった……


子供達「えへへっ!おにーちん○ん見せて!!」


俺「はー!?嫌やー!」


子供達「ねー!にゃおってちん○んある??」


俺「にゃおはね、ちん○んないんだよ」


にゃお「そうそう。取ったんだよー。」


子供達「うそやー!ちん○ん見せて!」


俺「実はおにーもちん○んないの」


にゃお「そうそう。この人細過ぎて無いのと一緒(笑)」


俺「ちょ、うるさっ(-ω-;)誰がえのきやねん!」


子供達「きゃははー!おにー!お尻見えた!ちん○ん見せろー!」


俺「あなた達、どんだけちん○ん好きやねん!w」


ってそんな感じのやりとりが
1時間位続いたので、
ゆっくりお風呂に入れませんでした(笑)



とりあえず、
こんな感じでした。


ご飯食べに行ってきます(o'∀')b


それじゃまた!
posted by しぃ at 13:13| 山形 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽しそうでいいですね^^

子供はチンコとかウンチとか好きなんですよねw でも、馴れ合ってると、知らない人が見てる前でも、しぃさんたちの股間をいじりまくるようになりますから、気をつけたほうがいいですよwww
Posted by ギトン at 2014年06月06日 04:53
お二人の歩む先が気になって、初めてのコメントです。

しぃさんのブログを拝見していると思います。
にゃお君は実年齢より幼く、青く、甘い。

自分が幹事になってオフ会を仕切ることで、『何でもできるようになった気がしている』
甘えてくれたり懐いてくれる年下の子ができて『自分の魅力と勘違いしている』

そう感じます。
もちろん魅力もあるんでしょうが。

にわかリーダーや兄貴分は必ず化けの皮がはがれます。

自分の気に入った玩具を手放したくない、
それでも新しい玩具を欲しがる子ども。
きっと本当に大事なものに気付くのは失うことを知ってからです。

体の関係?若いんだから遊びも大事でしょう。でも心からの繋がりまで育てていくのは、本当に大変で、だからこそ簡単に壊れず、壊せないもの。それも気付くのは失った時でしょう。

好きでいてくれる、しぃさんへの甘えがあるんでしょうね。

だからこそ、しぃさんが気づかせてあげた方がいい気がします。
にゃお君が色々と気付いたときに、両手を広げて迎えてあげるでもいい。
今更、後悔しやがってと、鼻で笑って幸せな姿を見せ付けてやるでもいい。

しぃさんが学校へいく決断をして頑張っていること、凄く素晴らしいし大切にして欲しいと思います。
ここで立ち止まらず成長していける人だと。
あいまいなまま、目をそらすでなく見極めるときなのではないでしょうか?

長文失礼いたしました。
二人の関係と、一人の大人としての心の成長をお祈りします。
Posted by うさぎ at 2014年06月06日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/398766252

この記事へのトラックバック