2014年06月10日

人が居なさそうな田んぼの真ん中で

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
↑↑参加ランキングです↑↑
クリックお願いします(^人^)

・ゲイでもいいぢゃんTwitter
リアルタイムで2人をお知らせ!
https://twitter.com/gaydemo




2人暮らしが再開してから
もう何日経っただろう…


最近は一つの話題をブログに書いてる途中に
もう次の展開が始まったり、また、終わったりと
忙しい毎日を過ごしてます(。´・ω・)


普通に過ごしている分には
楽しいんだけど、2人で
またーりしてる時に突然
電話が掛かってくるんです。


O君から……


にゃお「あっ。電話出ていい?」


俺「えー!?今1番盛り上がってる所だよ?無理でしょ…」


この日、2人でカイジをYouTubeで見てて、
1番の見せ所かわかんないけど、
カイジが沼というパチンコ台を攻略していくという、このハラハラドキドキするシーンの最中だったんです。

2人はもう手に汗を握り、
ワクワクドキドキしながら
どーなるのー?どーなるのー?
って、もうそれはそれは
楽しい時間だったんです。

(まー、同んなじの3回くらい見てるんですけどね)

3回も見てんのかい!!(笑)



にゃお「電話出ていい?俺の声聞きたいんだって…」


俺「はー?(-"-;) あなた何言ってんの??今からあのカイジが沼を攻略するんやぞ?」


にゃお「声聞いて幸せって言ってるの!それで収まるならいいじゃんかー!」


俺「違う。そーいうことじゃない。両手の全部の爪と肉の間を針で刺されて痛い思いしてるカイジが必死に戦ってる……」


にゃお「あー。もうやだ。」


俺「は?ってか『今は相方と居るから無理』って言いなよ!」


にゃお「電話くらいいいじゃん!」


俺「嫌だって言ったら嫌なの!あんたが言えないなら俺が直接言うよ?」


にゃお「ダメだって!今大事な時期なんだから!!」


俺「大事な時期?俺たちだって今は大事な時期でしょ?なに言ってるの。何が優先かわかってる?」


俺「ちょっと外で話そ。こい。」


とりあえず何回か掛かって来た電話は鳴り止んだ。

そして俺は車の鍵を握りしめて、
にゃおと2人車に向かった

アパートで大声出せないから、
人が居なさそうな田んぼの真ん中まで移動


ゲコゲコゲコッ


なんか田んぼの中にいるのか、
カエルの声がうるさい。


ゲコゲコゲコッ



俺「俺たちは恋人でしょ?」


にゃお「そうだよ。」


俺「O君とは友達でしょ?」


にゃお「そうだよ。」


俺「友達を思う気持ちもわかる。大事な気持ちかも知れない。でもそれは俺の事を1番に考えてるっていう前提があっての事でしょ?」


にゃお「向こうは学校とかあんの!」


俺「俺だって学校あるし仕事もあるし、今年は去年の倍の単位取らないといけないから本当はカイジなんて見てる場合じゃないけど、にゃおとなるべく一緒の時間を共有したくてカイジ見てるの!そんな事もわからんのか!このドテチン!!」


にゃお「向こうはこのブログ見て精神的に病んでんの!!」


俺「俺だってにゃおから『好きな人出来た』って真剣に話されて、ずーっと病んでたわ!!しかもまだ引きずってるわ!なんだよ。O君は、O君はって!大体なんでブログ教えるんだよ!ったくー」


少し沈黙……


カエル「ゲコゲコゲコ」




俺「なー。あの時の事覚えてる?」


にゃお「なに?」


俺「昔、『一回だけなら』って言ってあなた外人と浮気して、そこからその外人がストーカーみたいになって、会いたくないのにエッチな写真撮られて、バラまくぞ!って脅されて、無理矢理会ってたじゃん?それで俺が警察に相談行った話」


にゃお「その話やめて」


俺「いやー、あの時の俺かっこ良かったなー(*´艸`)なんて言ったんだっけ……」


って、
急に昔の日記読みたくなって
探しました!!

ありましたー!


2007年5月16日の日記
タイトル「真実」
http://i.x0.com/~i-mode/diary/b-up-read.cgi?book=CCNIKE&pr=286&pass=


ってか読み返してたら、この事件で
俺たち一ヶ月間別れてたんだー!

びっくり。


俺「懐かしいな。゚(゚^ω^゚)゚。」


にゃお「なに泣いてんの?」


俺「んー、なんか当時そー言えば守ってあげなきゃ!って気持ちであなたをバイト先まで歩いて送って、1度家帰って、それから俺は自分のバイト先までまた歩いて行ったのを覚えてる。泣。チャリも無くて、ただ、歩くだけ……でも何も辛くなかった。にゃおの為だったもん(泣)」


にゃお「あったね。」


俺「やっぱ好きだわ!離さない。絶対!!」


って言って、俺は泣きながら助手席にいる
にゃおの胸に抱きついた。

古い日記を読むと、
当時の気持ちが蘇ってきて
なんか凄く気持ちいい。


そしてカエル達の合唱の中、
アパートに帰りました。



書いてて思った。

ってか何も解決してないんだけど(笑)


最近はそーいう事で喧嘩ばっかり
って事かな(*´・ω・`)
posted by しぃ at 17:45| 山形 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする